本文へスキップ

〚会長あいさつ〛

会長 小野 正幸                

ロータリーシンボル

 2022-23年度 ジェニファーE・ジョーンズRI会長のテーマは、

  『イマジン ロータリー(IMAGINE ROTARY)』

です。世界にもたらす変化を想像して、大きな夢を描き、その実現のためにロータリーのつながりを生かすように呼びかけました。

 RI2580地区 嶋村文男ガバナーは、RI会長よりも先にガバナー信条として、

  『ロータリーの未来のために行動しよう』

を掲げ、見事に一致した内容となりました。
そして、もう一つのガバナー信条、

                         『世界の平和のために手を差しのべよう』

を掲げ、ウクライナへの継続的支援やポリオ根絶など、ロータリーの世界的なネットワークを意識した活動が、求められていると語りました。

 当クラブは、前年度創立55周年を迎え、本年度は60周年へ向けての第一歩となります。
「未来は今である」という言葉があるように、刻々と飛躍の歩みがはじまっています。
そして、良き伝統を守りつつ、クラブ運営をより良いものにするには、ひとえに私たち会員一人一人にかかっています。

 飛躍の歩みとなるように、5つの地区運営方針をもとに、主な取り組みを以下に示します。
   
   
   ①個々ロータリアンの覚醒促進
     【研修】クラブ研修リーダーのもと、ロータリーの基本を学び再認識する
   ②次世代ロータリーとの積極参加
     【嘉悦大学RAC】大学主体であり、またコロナ禍も加わり会員数・活動範囲に支障
      →OBや大学職員の協力を得ながら、体制作りをフォローする
   ③永遠の課題 自己を高めよう!仲間を増やそう!
     【会員増強】2名の増強 多様な会員の迎え入れと退会者を出さない
   ④ポリオ根絶に参加して世界平和に貢献!
     【公共イメージの向上】HPのリニューアル等、ロータリーの活動を多くの市民へ認知してもらう
   ⑤DEIを浸透させ、未来に繋がる行動人を目指そう!
     【社会奉仕】クラブとして、新たな社会奉仕の視点を模索する

 上記に加え、本年度は青少年交換留学生の派遣と受入れをスムーズに行い、そして何よりも、楽しく充実した例会ができるように、努めていきたいと思います。